森から海へ、そして再び森へ。自然の大きな循環とともに…。


森

植樹運動・・お魚殖やす植樹運動 森は雨水を受けとめ、浄化し貯えてから徐々に川に流します。

全道で植樹

豊かな海を守るため、漁協女性部が中心となって植樹活動に取り組んでいます。現在は、漁協や地域も一緒に取り組んだ運動に発展しています。

記念の森

当別の道民の森の中には漁協女性部の植樹活動の象徴として「記念の森」があります。毎年、漁業関係者による植樹が行われています。

保育活動

漁協女性部の植樹活動は木を植えるだけではありません。苗木を守り大きく育てるために保育活動も行っています。下草刈りから枝払いまで豊かな森林を育てるために必要な作業です。植えっぱなしでは豊かな森林は守れません。